<% content.header -%>
Sponsored links
<% content.footer -%>

保険会社 のCM


保険会社 という名前はいわゆる「語呂」が良く、テンポも取りやすいので、耳にも残るのである。
親しみやすく判りやすいければ良く、その方が井住友ビザカードのイメージを端的に表現できる。
保険会社 のCMは奇をてらった形跡も無く、好感が持てる。
「三井」と「住友」と「ビザ」という3つの単語から出来ている保険会社 は、「タン・タン・ターン」という感じのリズムになるので、聞いているほうも調子が良く、「スッ」と入ってくる。
中山エミリが出演して、爽やかに保険会社 をアピールしているが、キャスティングは大成功といって良いだろう。
とすれば、保険会社 という名前を普及させるという点では、非常に有利といえる。
保険会社 のCMは、効果という点で優れている。
「銀行窓口効果」という言葉は私の造語だが、端的にいえば「アタリの柔らかさ」ということで、保険会社 をはじめ、カードのCMはおそらくその辺を狙っている。
銀行の窓口では「むくつけき男性」がいるより、笑顔の女性にいて貰いたいとは誰もが思う事で、保険会社 のCMでもやはり、爽やかな中山エミリなのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。